ピックによって音は変わるのか

こんばんは(*^^*)

たとえば、何か問題があったとき、

自分の外に問題点を見つけるのではなく、

自分の中に見つけていこうと思うのです。

自分変えてこ!

そんな1日でした。

image

そんな成長期のお話ははさておき、

最近フェルナンデスのピックを使ってるとアップしたら、

「ピックによって、音は変わるの?」

という質問をいただきました。

なので、

みち的にピックによって音を変えたい場合のチョイスをここでお話したいと思います。

ハードの場合

ハードの場合はヅクヅク刻むバッキングなどが私的にぴったり
速いフレーズも弾きやすいです。その場合、短く持ちます。
弦の太さを1段階上げてたときはよくハード使ってました。

ミディアムの場合

ライブの時は基本にミディアムです。
持ってる時間が圧倒的に長いので、手にぴったりフィットします。
ポッケに何個か入れてて、移動中もよくサワサワしてます。
リードも弾きやすいです。

ソフトの場合

アコギのストロークなどでよく使います。
キラキラした音を目指すときにぴったり♪

指弾きの場合

ストロークでも、短音弾きでも、スラム奏法(練習中)でも、
なんでもいけちゃう指弾き。
音がやわらかくも、激しくも出せて、
表現が広がるので好き。
ジェルしてると爪に優しく良いです。

わたし、ぼく、こんな風に使ってる案があれば教えて(≧▽≦)

明日も成長期です。

がんばるぞー♪♪

みんな、インフルエンザ気を付けてね!

おやすみ(*^^*)

関連記事

  1. 世界の終わり

  2. 復活

  3. 長崎の友達が来て

  4. 静かな日々の階段を

  5. #ライデリ ありがとうございます!

  6. ご予約初回分…

  7. MIX COMPANYについて思う日

  8. 『FUTURE』発売まであと7日

  9. みなさま台風気をつけてね

michirurondo(ミチルロンド)instagram

michirurondo(ミチルロンド)twitter

サウンドハウス

カテゴリー

サウンドハウス

michirurondo(ミチルロンドについて)

最近の記事

  1. david bowie is デヴィッドボウイ展
PAGE TOP